最初に投票↘

 


『朝日新聞デジタル』の記事 (亡くなった小室さん「世界に幸せな住まいを」)で、先日の軽井沢スキーバス転落事故に巻き込まれた早稲田の女子大生の母親によるコメントが掲載されている。


小室さんは小学4年生まで香港や台湾で過ごし、中国語を話せたが、 「帰国子女なのに英語を話せないのはいや」という理由で英語を猛勉強してロンドン大学に短期留学もしたそうだ。


「帰国子女=英語圏育ち」 では無いが、帰国子女という言葉には確かに英語と密接な印象がある。彼女はこれをバネにして努力を重ねた。この姿勢はもっと多くの学生が見習うべきだ。

sponsor link


この事故は土下座で済む話ではない。この業界に限ったことではなく、日本企業の根本的な組織体制の見直しがなければ、有望な次世代の担い手を失うという悲劇は終わらない。


 

応援投票ありがとう! 
みんなハッピー!

投票方法】

ランキングを選ぶ
クリックする
投票成功 
↓ 
 

いっかい投票、いっぱい快勝